たわごと

マインクラフト、はじめました

2016年5月吉日。

いま小学生の間で話題のマインクラフト、いまさらですがはじめました。

で、forgeoptifine、シェーダーパックChaocapic13'sのインストールまでやったのですが、forgeのインストールでつまづきまして。ここで一番言いたいこと(叫びたいこと?)を書いてしまいます。

[Minecraft 1.9][新ランチャー][MOD][Mincraft forge][JAVA][JRE]
Windows 10にMinecraft 1.9.4をインストールしたけど、forge1.9.4をインストールしようとしてjarファイルをプログラムから開こうとしたらアプリケーションの候補が何も出てこなくて詰んだ

forgeのインストール指南のサイトを見ると、ほぼ次のようなことが書かれています。

  1. Minecraftをインストール
  2. (例えば)1.9.4のバージョンでゲームディレクトリを適当に変更してプロファイルを作る
  3. そのバニラなプロファイルで一旦タイトル画面まで実行する
  4. 同じバージョンに対応したforgeをダウンロード
  5. ダウンロードしたファイルが・・・
    1. jarファイルならば右クリック→プログラムから開くJava(TM) Platform SE binaryで開く※1
    2. exeファイルならばそのままダブルクリックなどで実行する※2
  6. インストーラーの画面に従ってインストール

この通りにやってみたところ、※1※2両方とも失敗しました。

※1については先ほど書いたとおり、プログラムから開くをやろうとしてもストアでアプリを探すしか出てきません。

※2については、実行するとThis applicastion requires a Java Runtime Enviroment 1.6.0(JRE 1.6.0が必要です)と出て終わってしまいます。

この、インストーラーを開くところについては自分が調べたサイトすべて、あっさりとこれぐらいしか書かれていません。で、さらにググってみると、この質問に対する答えというのは決まって

「JRE(JAVA)をインストールすればいいんですよ。あ、余計なソフトもインストールしようとするから気を付けてね。

となります。ああ、そうですよね。

・・・。

あれ?

・・・Minecraftインストールした後に、ランチャーがJREをダウンロードしてたはずだよね?。そもそも、PC版マインクラフトってJAVAで動いているんだよねぇ?。

ということは、この話の通りにしたとすると、

  1. Minecraft&ランチャーをインストールして実行したときにJREを自動的にダウンロードしましたぁ〜〜〜。
  2. forgeをインストールするために自分でJREを別にインストールしますよぉ〜〜〜。

・・・つーことで、同じようなプログラムを2つインストールしろってことですか・・・。これってなんか変だと思うのは自分だけでしょうかね。わざわざ余計なインストールするのを避けようと思い、別の方法を試行錯誤しました。Minecraftのインストールフォルダの中を探してみたところ、やはりjava.exejavaw.exejavaws.exeというファイル名のプログラムがありました。で、jarファイルを突っ込んでみましたがウンともスンとも言いません。このフォルダのPATHを設定してみましたがやはりウンともスンとも言いませんでした。

仕方がないので別の切り口でググってみたところ、JREのトラブル関係のやりとりで解決方法が見つかりました。で、最終的にこうしました。

JRE(JAVA)を再度インストールせずにforgeをインストールする方法

(追記)次の章にもっといい方法があります

  1. コマンドプロンプトを起動します。
  2. 次の2行を打ち込んで実行します。C:¥Program Files〜の部分で示すフォルダはマインクラフトがインストールされているフォルダの中にあるはずなので、探して¥binの部分までコピペしてください。Windows 10ならC:¥Program Filesの直前まで入力しておいて、フォルダアイコンをコマンドプロンプトのウィンドウにドロップすると入力できると思います。
  3. C:¥Users¥kona> set PATH=%PATH%;C:¥Program Files (x86)¥Minecraft¥runtime¥jre-x64¥1.8.0_25¥bin
    C:¥Users¥kona> set JAVA_HOME=C:¥Program Files (x86)¥Minecraft¥runtime¥jre-x64¥1.8.0_25¥bin
  4. 次の1行を打ち込んで実行します。jarファイルの部分はコピペまたはファイルアイコンをドロップするといいでしょう。
  5. C:¥Users¥kona> java -d64 -jar D:¥ゲーム¥マインクラフト¥forge¥forge-1.8.9-11.15.1.1722-installer.jar
  6. そうするとめでたくforgeのインストーラーが起動します。あとは画面に従ってください。
  7. 別のバージョンのforgeをインストールする場合は3行目を、jarファイル名の部分を変えて繰り返します。

どうですか? インストールできましたか?。斜体の部分はお使いの環境によって違いますので適当に読み替えるようお願いします。-d64という部分は、なんとなく64ビットOSでJREも64ビットっぽいのでつけてみましたが、自分とこではうまくいきました。

アップデートにむけてもっといい方法

この記事を書き終えた後に、forgeがバージョンアップしてました(笑)。で、またコマンドを打つのは面倒なので、バッチコマンドにしておきます。次のテキストをテキストファイルとして保存し、拡張子を.cmdにしておきます。そしてjarファイルと同じフォルダにでも置いておいて、jarファイルをバッチコマンドにドロップすればOKです。もちろんアップデートに限らず、最初のインストールの時からこの方法にすればスマートですね。

jarを開く.cmd
setlocal
set JAVA_HOME=C:¥Program Files (x86)¥Minecraft¥runtime¥jre-x64¥1.8.0_25¥bin
path %JAVA_HOME%;%PATH%
java -d64 -jar "%1"

中身は先ほどよりちょっとスマートな記述にしてあります。こちらも同じようにフォルダ指定の部分は各自の環境に合わせます。(たぶん皆さんこのフォルダでいいはずだと思いますが、自分はあまり一般的でないフォルダにインストールしてましたのでちょっと変わってるんです(^^;)。

ここから先は余談です

ここから先は余談です。次のステップに進みたくてウズウズしている人はどうぞそちらを進めてください。

さて。

自分が思うには、Minecraftがバージョン1.7以前とか?の旧式ランチャーだったころ、JRE(JAVA)は自分でインストールする必要があったらしいです。なので、以前からプレイされているベテランの方々からすると、「すでにJRE(JAVA)がインストールされてるはずだからこの方法でいかないのは不思議」と思われているのかもしれませんね。

しかし現在はランチャーが自動的にJREをダウンロードしてくれます。でもトラブル回避などの何か理由があってMinecraftを動かすための最低限の設定だけ行っているのではないかと思います。それで、俺のような初心者からすると「あれっ?、みんなの説明の通りにやってみたのにうまくいかない」なんてことになったのかもしれませんね。

で、「JRE(JAVA)を再インストールすればよい」という方法をとると、実は再インストールではなく別の場所に新規インストールされるわけで、そちらのほうはプログラムから開くが使える設定や、jarファイルの関連付けが行われるため、forgeのインストールができるようになったと考えています。

またちょっと違う話で、JREのバージョン違いが2つ入っていると、いつの間にか?Minecraftのほうで期待しない方のバージョンを使用する設定になっててトラブルになった、のような記事も見かけました。自分はまだそんなトラブルにあったことないので詳しくは検索してみてください。

追記その1:マルチサーバー

マルチプレイのサーバーも、同じ要領で起動できました。ポート開放は各自ググってください。

追記その2:プロクシ接続

なお、マインクラフトはプロクシ接続が必須な環境では起動することができませんでした。設定もないし。ググった情報も、プロクシ接続しなくてもプレイできるけど、プロクシ接続したい場合の事ばかりでした。自分とこのとある環境では、ランチャーは起動するけどタイトル画面にたどり着くまでにえらい時間がかかるのは、ゲームデータのダウンロードに失敗して再試行を3度ほど繰り返しているから、でした。


トップページへ

こな